トップページ > 企業・団体(消費者対応窓口)の方へ > ACAP「消費者対応部門」進化度合いチェックマトリックス

ACAP「消費者対応部門」進化度合いチェックマトリックス

企業や団体等における消費者対応部門の役割が、近年ますます重要視されています。
ACAPは、自社の消費者対応部門における「機能」の現状を把握し、客観的に自己評価するとともに明確な目標を設定するためのツールとして、進化度合いチェックのためのマトリックスを2003年に作成しました。
本マトリックスは2010年の大幅改訂を経て、創立35周年を機に、2016年にも改訂を行いました。自社の不足している点や課題を明らかとし、さらなるレベルアップに取り組む指針の策定にお役立てください。

 

ACAP「消費者対応部門」進化度合いチェックマトリックス 2016年3月改訂版

2種類ありますが、どちらも同じ内容です。

  • 1ページ版(コンパクトに1ページで掲載) ⇒ こちらから
  • 2ページ版(文字を大きく2ページで掲載) ⇒ こちらから

マトリックスの概要

  • 「お客様相談室」が果たすべき機能を縦に、機能ごとのレベルを横に掲載しています。
  • 上から下に、左から右に進むに従い機能が進化し、果たすべき役割は大きくなります。
  • 自社の消費者対応部門がどのレベルに該当するかチェックし、レベルアップにご活用ください。

お問い合わせ

 〒160‐0022 東京都新宿区新宿1‐14‐12 玉屋ビル5F ACAP事務局
 Tel 03‐3353‐4999 Fax 03‐3353‐5049
 E‐mail acap@acap.jp

 

会員の皆様

 会員ページに、マトリックスの詳細を解説したWEB版 お客様相談室を掲載していますので、あわせて活用願います。