理事長挨拶

公益社団法人消費者関連専門家会議(通称:ACAP)は、企業や団体の消費者関連部門の責任者や担当者が業種を超えて集う公益社団法人であり、現在の会員数は約900名、会員企業数は約600社です。1980年の設立以来、会員の資質向上、企業の消費者志向経営に向けた支援、消費者啓発、消費者・行政・企業のかけ橋としての活動、調査・研究等幅広い活動を展開しております。

消費者関連の各種法整備が進む一方、高齢化、情報化、グローバル化など社会環境の変化が進み消費者問題が多様化・複雑化している今日、ACAPの役割と責任は重みを増しております。

今後、活動内容のさらなる充実を図ることで、「会員の資質向上と会員企業の持続的成長」と「会員満足の向上」につなげるとともに、公益社団法人としての役割をしっかりと認識し、「健全で安全・安心な消費社会の構築」と「消費者志向経営の推進」をより一層進め、消費者市民社会の実現に貢献してまいります。

ACAPへのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

公益社団法人消費者関連専門家会議
理事長    島谷 克史