2021年11月特別東京例会のご案内(11.25)

お申し込みを終了しました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
これより以降は東京事務局に電話(03-3353-4999)でお問い合わせください。

日時2021年11月25日(木)14:00 ~ 16:30
会場WEB参加の他、申し込み先着順30名まで会場でご参加いただけます。
1.会場参加:明治安田生命保険相互会社(新東陽町ビル)会議室
 (申し込み先着順30名まで)
 東京都江東区東陽2-2-11  地図はこちら
2.WEB参加:ビデオ会議ツール「Zoomウェビナー」を使用しライブ配信いたします。
 万一、不都合が発生して支障が生じた場合は、配信を中止することもございます。
 ご了承くださいますようお願い申し上げます。
対象ACAP会員の他、どなたでもご参加いただけます。(参加費無料)
内容14:00 ~ 14:05 開会挨拶・諸連絡
14:05 ~ 14:10 ご挨拶 ACAP理事長 村井 正素
14:10 ~ 15:10 【講演1】
 テーマ:「消費者行政の現在」
 講 師:片岡 進氏(消費者庁 審議官)
15:10 ~ 15:25 休憩 
15:25 ~ 16:25 【講演2】
 テーマ:「持続可能な消費と生産~アフターコロナに向けて」
 講 師:中原 秀樹氏(一般社団法人日本エシカル推進協議会 会長)
16:25 ~ 16:30 閉会挨拶 ACAP専務理事 坂倉 忠夫        
講師からのひと言【講演1】
「消費者行政の現在」と題して、直近の消費者行政の「緊急時対応、デジタル、SDGs」に関する課題や現在推進している各種取組(食品ロス削減、サステナブルファッションなど)をご紹介します。特に、「消費者志向経営」に関しては、その定義や具体的な推進の取組を詳しくご紹介します。
【講演2】
事業者と消費者が共創して持続可能な社会を目指していくにあたり、 コロナ感染症の影響も踏まえ、アフターコロナではエシカル消費はどうあるべきか、 事業者はどのように行動すべきかなどについてお話しします。
新型コロナウイルスなど感染症予防対策会場では下記の対策をとって運営します。会場参加を希望される方は、ご理解とご協力
をお願いします。
1.会場について
・運営スタッフを含め、収容可能人数の1/3程度の人数で運営します。
・例会実施にあたり、ソーシャルディスタンスの確保に努めます。
・会場はスクール形式(受講者同士が向かい合わない教室型)とします。
・休憩時間など、定期的に換気を行います。
2.参加可否判断のお願い
・当日の朝にご自身で検温をお願いします。
 発熱、だるさ、咳、咽頭痛、頭痛などの症状がある方は、参加を見合わせてください。
3.会場入室にあたってのお願い
・受付で並ぶ際は、ソーシャルディスタンスを確保してください。
・入室時の検温、体調確認にご協力ください。体温が37.5度以上の方、体調が優れない方、検温を拒否する方の入室はお断りさせていただきます。
・入口に消毒液を設置します。手指消毒を必ず行ってください。
・マスクの着用を必須といたします。不織布マスクの着用を推奨いたします。
4.入室後のお願い
・会場内では常にマスクを着用してください。
 ※講師はマスクを外して講演する場合があります。
・会場内での食事は禁止します(ペットボトルなど、ふた付きの飲み物は可)。
・会話を控え、ソーシャルディスタンスの確保を意識してください。なお、座る席は運営スタッフの指示に従ってください。
注意事項・例会終了後にメールで参加アンケートをお送りいたしますので、ご回答ください。
<会場参加の方へ>
名札用に名刺をお持ちください。
<WEB参加の方へ>
1.参加者のお名前・お顔は公開されませんので、お気軽にご参加ください。
2.申し込みをいただいた方のメールアドレスに開催日までに参加URLをお送りします。
締め切り11月19日(金)締切 
参加を希望される方は、必ず事前にお申し込みください。