ISO 10002/JIS Q 10002の普及・支援事業

公益社団法人消費者関連専門家会議(通称・ACAP)の目的は、定款に「消費者問題に関する事業を行い、社会、経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与すること」としています。具体的な事業には「消費者志向経営のための支援事業」を据えており、企業の消費者対応のレベルアップ実現への支援活動を通じて、健全な消費経済社会へ貢献することにあります。
顧客満足の国際規格「ISO 10002」の一致規格である「JIS Q 10002“品質マネジメント-顧客満足-組織における苦情対応のための指針”」(以下「本規格」という。)の導入が、消費者志向経営に有効であると、ACAPは判断しています。
ACAPは本規格の原案作成に深くかかわり、これまで各企業に対して、本規格導入のためのお客様対応/苦情対応マネジメントシステム構築支援を行ってきました。2019年度からはそのための専門組織「ISO 10002事業グループ」が活動しています。
このページでは、現在実施している本規格の普及活動および支援事業、本規格に関するQ&A等を掲載しています。
ACAPは今後も企業の消費者志向経営の推進とお客様対応の質的向上を支援するために、本規格の導入、普及のための支援事業に一層取り組みます。

ISO 10002/JIS Q 10002 普及および自己適合宣言の支援事業

本規格の導入は、自社のお客様対応機能の強化につながります。ACAPでは、本規格を理解し、個別企業が本規格導入に向け具体的に取り組むための支援事業を展開しています。

ISO 10002/JIS Q 10002 に関するQ&A

ACAP主催講座の受講者や会員から日頃いただいている質問について、Q&Aを用意しました。本規格の理解のためにご活用ください。
このほかにご質問がありましたら、ご相談・お問い合わせ窓口にご連絡ください。

ISO 10002/JIS Q 10002 に基づくマネジメントシステムを構築している企業

苦情対応など顧客重視のマネジメントシステムが「ISO/JIS Q 10002」です。当該マネジメントシステムを構築している正会員所属企業の一覧ならびに企業概要・具体的な取り組み事例を紹介しています。

ISO 10002/JIS Q 10002 に関するご相談・お問い合わせ窓口

本規格に関するご質問・お問い合わせなどをお寄せください。規格をどう理解したらよいのか、具体的な手順が分からない、当社の業態ではどうなのかなど、お気軽にご連絡ください。

  • 本規格の詳細内容について、逐条をどう理解したらよいか
  • 社内の推進体制をどのように考えたらよいか
  • 具体的な手順はどのように準備したらよいか
  • ACAPはどんな支援をしてくれるのか
  • 講師派遣などを具体的に依頼したい
  • 第三者意見書発行を依頼したい

など、ご質問にお応えいたします。

内容により、ACAPのJIS審査員や認定講師よりご対応いたします。
本規格の内容について、まずは「Q&A」をご覧いただいてから、ご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ

連絡先 ACAP事務局
電話でのお問い合わせ
03-3353-4999

メールでのお問い合わせ
acapjis@acap.jp
件名に「10002 相談」と記載してください。
ご質問内容は、本文にご自由にお書きください。
御社名・部署名・ご担当者氏名・電話番号・メールアドレスの明記をお願いします。