2022年 ACAP新春講演会(大阪)のご案内(1.20)

<参加お申し込みのみなさまへ>

お申し込みありがとうございます。WEB参加のみなさまへの資料はこちらです。
当日会場参加の方へは会場でお渡しします。
ご参加をこころよりお待ち申し上げます。

2021年、ACAPは公益社団法人として、既存事業の充実とともに、新企画にも積極的に取り組んでまいりました。皆さまのACAPへのご理解とご支援に深く感謝申し上げます。
さて、新年を迎えるにあたりまして、下記の通り、「ACAP新春講演会」を東京と大阪で開催いたします。
東京はオンラインのみ、大阪は制限を設けての会場参加とオンラインの併用にて開催いたします。
多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

日時2022年1月20日(木)14:00 ~ 17:00(受付は13:30から)
会場1.会場参加:OMMビル2階 201・202・203号会議室
 大阪市中央区大手前1-7-31 TEL 06-6943-2020
 地下鉄谷町線・京阪電鉄 「天満橋」駅下車 徒歩約3分
 地図はこちら 
2.WEB参加:ビデオ会議ツール「Zoomウェビナー」を使用し、ライブ配信いたします。
 万一、不都合が発生して、支障が生じた場合は、配信を中止することもございます。
 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
対象ACAP会員のほか、どなたでもご参加いただけます(参加費無料)
ただし、参加希望の方は事前にお申し込みが必要です。
※会場参加は、ACAP会員と正会員の代理の方のみ、定員35名・先着順となります。
※団体・行政・学校・個人の方は、WEB参加でのみ、お申し込みいただけます。
内容14:00 ~ 14:05 【開会】
14:05 ~ 14:15 【新年挨拶】 理事長 村井 正素
14:15 ~ 15:35 【講演1】
「今日から実践できる“伝える力”の磨き方~アナウンサーの経験を通して~」
 関 純子 氏
 (関西テレビ放送株式会社 コンテンツデザイン本部
 コンテンツデザイン局アナウンス部 専門部長)

15:35 ~ 15:50 【休憩】
15:50 ~ 16:50 【講演2】 
「コロナ禍における消費生活相談の傾向と情報発信」
 川口 徳子 氏(独立行政法人 国民生活センター 理事)


16:50 ~ 17:00 【閉会挨拶】 西日本支部長 植村 知佐子
講師からひと言【講演1】
私はテレビ局のアナウンサーとして30年以上仕事をして参りました。どんな業種でも様々な場面で自分の意見を述べたり、発表したり、司会進行をしたりする機会は多いと思います。せっかく良いことを言っているのに伝え方が残念で、損をしている人がいます。これまでのアナウンサーの仕事を通じて、伝え方のポイント、心掛けることや注意点などを、自身の失敗や経験を交えながらお話しします。
【講演2】
コロナ禍において、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)には関連すると思われる様々な消費生活相談が寄せられた。国民生活センターでは、緊急時の消費生活相談に対応するホットラインの開設や商品テストを実施し、あわせて便乗商法への注意喚起などを行った。
コロナ禍における消費者と企業のトラブルについて事例を交えてお話し、消費者心理の傾向や行政や企業からの情報発信について考察する。
講演資料など1.会場参加の方には、会場にて資料をお渡しいたします。
2.WEB参加の方には、前日までに資料をダウンロードできるリンク先をお知らせいたします。
締め切り1月12日(水)締切

1.お申し込みフォームからお申し込みください。申し込みフォームがご覧いただけない場合は、属性(会員区分など)、会員番号、お名前、社名、社名のふりがな、メールアドレス、電話番号をメールにてお知らせください。(osaka@acap.jp宛)
2.録音・録画・写真の撮影はご遠慮ください。事務局で撮影した写真は、記録報告用の他、パンフレットやホームページなどで使用する場合があります。ご了承ください。
3.新春講演会終了後に、アンケートをメールでお送りしますのでご回答ください。
4.ACAP正会員・個人会員・特別会員向けに、録画した動画を期間限定(1週間程度)で会員専用ページに掲載の予定です。