ACAP消費者志向活動表彰 「消費者志向活動章」

ACAPは、2015年に「ACAP消費者志向活動表彰制度」を創設しました。
本制度は、企業や団体、個人が行う活動のうち、消費者志向経営の推進、またはこれを支援する観点から、称賛に値するものを「消費者志向活動章」として表彰するものです。

 

 

第5回ACAP消費者志向活動表彰 「消費者志向活動章」審査結果

第5回 表彰式

 

今回は、消費者庁、一般社団法人日本経済団体連合会の後援のもと公募を行い、消費者関連団体、行政、事業者団体、有識者で構成する選考委員会により厳正に選考した結果、4つの活動が選ばれました。また、本年度は、若い世代の今後の活躍を期待し、特別章として「選考委員奨励章」を1つの活動に授与いたしました。いずれも、企業の本業に関連した活動、高校生と事業者、事業者と消費者や地域との連携、産学協働など、さまざまなステークホルダーと連携した消費者志向経営に資する活動で、独自性や先進性があり、その水平展開により消費者志向経営のさらなる推進やSDGsの達成につながっていくことを期待いたします。

2月17日開催の「2020消費者志向経営トップセミナー(ACAP、消費者庁、日本経済団体連合会共催)」において発表し、授与式を執り行いました。

 

 

ACAP消費者志向活動表彰 「消費者志向活動章」審査結果

これまでの審査結果(活動内容や評価ポイント)は以下のとおりです。

 

 

 

第5回2019年「ACAP消費者志向活動表彰」候補者推薦募集

下記要領にて、候補者の推薦(自薦・他薦)を受け付けますので、多数のご応募をお待ちいたします。

1.表彰の対象   企業・団体・個人が行う消費者志向の活動

2.対象となる活動  

消費者の自立を支援する活動

健全で安全・安心な消費生活の実現に向けた活動

消費者と企業等の信頼関係の向上に向けた活動

消費者市民社会の形成に貢献する活動

詳細募集案内はこちら

提出締切 2019年9月27日(金)着